地域密着型の結婚相談所利用のデメリット

大手と比べると自社会員数が少ない

地域密着型の結婚相談所の場合、地域にもよりますが、自社会員数は少ないことが多いです。そのため多くの場合、結婚相談所の連盟に加入することで少ない会員数をカバーしています。連盟に所属しており、実際に紹介してもらえる異性の数がそれなりにいるのであれば、自社会員数が少ないことはあまり問題ではないのではないかと思われるかもしれませんが、実は大きな問題だと言えます。結婚相談所が会員一人一人の特徴をしっかりと把握できるのはあくまで自社会員までであり、連盟所属の会員に関しての場合は、地域密着型の結婚相談所でもそれほど詳しくは特徴を把握しきれていません。これでは地域密着型の良さの一つである会員の特徴を把握した上での親身なサポートが期待しにくくなってしまいます。

自分の婚活に過干渉される場合も

小回りが利き、親身なサポートが地域密着型結婚相談所の魅力ですが、その親身さから自分の婚活に対してやや過干渉だと感じてしまう人も出てきてしまいます。単純にお見合いや交際中の注意点や、婚活中の相談にのってくれるだけでなく、婚活とは離れた、普段の生活態度や趣味等にも口を出す相談員の方も稀にいます。もちろん、婚活外のこととはいえ、それらの口出しの中から、自分の中で見直す点があれば直していくことが成婚率を上げるコツだとも言えます。また、それほどまでに熱心に自分の婚活のサポートをしてくれることには一定の感謝も必要です。しかし、相談員との相性が悪いと、どうしても鬱陶しさを感じてしまう場合もあり、そうなってしまうと婚活自体が億劫になってしまいかねません。

結婚やご自身の魅力に関してお悩みの方は、結婚相談所でカウンセリングを受けてみてはいかがですか。将来に希望が生まれる、新たな気づきがあるかもしれません。相談結婚相談所を横浜で探しましょう